記者が行く(北綾瀬)

EVENT

「メトロファミリーパーク in AYASE 2013」-1

11月10日(日)、東京メトロ綾瀬車両基地で行われた「メトロファミリーパーク in AYASE」、今年も取材に伺いました!!


1_TOP_DSC_3...

AM9:30、会場前につきました。オープンの時間(AM10:00)まであと30分ですが、もうすでにこれだけの行列。

1_1_DSC_347...

この日、地震の影響で朝から電車のダイヤが乱れていました。・・・にもかかわらず、みなさん早い到着です。
しかも強風。入口のバルーンゲートは開場前に撤去となりました。


開場時間がやや早まり、いよいよイベントスタート!

1_3_DSC_350...


「メトロファミリーパーク in AYASE」はとても広い会場で行われます。(場内の案内図↓)

1_4_P108071...

1_5_P108072...

339編集部は昨年も取材をさせていただいているのですが(昨年の模様はコチラから)、今年は昨年くわしくお伝えできなかったコーナーや新しい企画を中心にお伝えしたいと思います。


そしてまずご紹介するのは、今回から新たに加わったこの企画。

1_6_DSC_352...

「339記者が行く」でも追加情報としてお知らせした「3Dフィギュア」。

3Dフィギュアとは、今話題の3Dプリンター(データをもとに立体の造形物を作ることができる3次元プリンター)でつくられるフィギュアのこと。今回は、「東京メトロの車掌さんの制服を着てフィギュアがつくれる」という超レアな企画です!!

今回は20名限定の事前応募制だったのですが、大変な反響だったそうですよ。スタッフの方にお願いして、撮影現場を見せていただきました。

これが実際に着ることのできる車掌さんの衣装。


1_7_DSC_354...


本物です。


小道具もあります。これを持つとさらに本格的。

1_8_3531_s.jpg

合図灯です。

合図灯は、レバーで光を赤・白・緑の3色に切り換えることができ、車掌さんが運転士さんや駅員さんに合図を送るために使うそう。見かけることありますよね。

こちらが撮影風景。

1_9_DSC_362...


こんな風に全身を360°撮影します。


撮影データはパソコンでチェック。

1_10_DSC_36...

これがのちほど3Dプリンターで出力されるわけです。スゴいですね♪


ちなみにこちらの女性。

1_11_DSC_36...

可愛らしい方ですね♪


この方がこちらにいらっしゃいます。

1_12_DSC_35...

そっくりです。


この方のフィギュアはポスターにも使われています。

1_13_フィギュアS...

実際に見ると本当にそっくりなんです。3Dプリンターが注目されているってことは知ってたんですが、本当に凄い。今回当選された20名の方は、仕上がりが楽しみですね♪


3Dフィギュアのコーナーを見学させていただいている間に、ポン太くんファミリーに遭遇。

1_14_DSC_35...

ちょっとメトポン父さんが隠れてますが、子どもたちに大人気。(左がポン太・真ん中がちかポン母さん)


そしてこちらは物販コーナー。

1_15_DSC_38...

足立区内の福祉作業所さんのブースです。

1_16_DSC_37...

区内の作業所のみなさんが、共同でブースを出していらっしゃるそうです。

こちらの方はせっけんを販売していらっしゃいました。

1_17_DSC_37...

1_18_DSC_37...


ほかにもパンやクッキーなどいろいろ。

1_19_DSC_37...

1_20_DSC_38...

毎年、大好評だそうです。


メトロファミリーパークはまだまだ続きます。次回をお楽しみに~♪
 

 

>「メトロファミリーパーク in AYASE 2013」-1
>「メトロファミリーパーク in AYASE 2013」-2
>「メトロファミリーパーク in AYASE 2013」-3

[2013/11/25 12:03]