記者が行く(八潮)

庶民の味方、市民が愛する中華料理店「平安」

八潮市役所正門の目の前にはみなさんご存じ、八潮市民の食堂、中華料理店の「平安」があります。市民に長年愛されている中華食堂です。


TOP.jpg


こちらが八潮市役所です。

1.jpg


今回は、学生からご高齢の方まで市民の心をつかむ平安の人気メニューとこだわりの味付けをレポートします。

2.jpg


“市役所から0分”という素晴らしい立地。店構えは、メジャーな中華料理店さんといった感じで、チャーハンセットのノボリが威勢良くなびいています。

店主の秋山さんはこの道一筋25年のベテラン料理人。

「17歳の時に、今のこの場所の平安に入店して以来この道一本で来ました。『平安』の味は一番私が知り尽くしてますね」と、忙しい中でも威勢良く応対してくださいました。

昨年、社長さんの引退の際に、それまで2店舗あった「平安」は1店舗になり、秋山さんが引き継がれました。


3.jpg
 
席はカウンターの他、テーブル座敷もあります。

座敷で、ゆっくりとビールを飲みながら料理を楽しむ方もいます。

4.jpg

5.jpg

セットメニューも充実です。ラーメン・チャーハン・餃子のコンビネーションは欠かせませんね。

初代平安からの人気メニューは「モヤシソバ」600円。冬の北風が冷たい日に体を温めるにはもってこいのメニューですね。

さっそく注文すると、5分と待たずに出てきました。マスターがてきぱきと次々に料理を仕上げていきます。

6.jpg

もやしを使ったしょうゆあんがたっぷりとかかった中華そばです。とろっとした感じとシャキシャキのもやしのハーモニーがたまりません・・・。

7.jpg

あんと麺が絶妙にからみます。ボリュームもたっぷりでしっかり体が温まります。

スープは鶏ガラげんこつ。ベーススープをもとに、ラーメンスープなど様々な味わいで提供しています。

8.jpg

9.jpg

あっさりした味わいなので、高齢の方をはじめ、あっさり好きな方に喜ばれるとのことでした。

また、チャーハンも特徴的だということで秋山さんが味付けの工夫を教えてくれました。

平安のチャーハンはよくある水分を飛ばしたパラパラのチャーハンではなく、あえてしょうゆと炒めラードでしっとりとさせた特製チャーハンなのです。

10.jpg

色合いもしょうゆの風合いが出ています。コクがあって、確かに他ではなかなか食べられない味わいになっています。しっとりした食感のチャーハンも食べやすくて良いですね。

11.jpg

炒め物の人気は、1位が豚の生姜焼き。餃子やチャーハンは持ち帰りも対応してくれるそうです。


八潮市民なら、一度は訪れたい八潮の名所です!

忙しい中、料理の詳しいところまで教えていただいた店主の穐山さま、ありがとうございました。

[2015/02/07 11:28]